This page:チョコレートダイエット大作戦 TOP > チョコレートダイエットの方法 > なんで失敗するの?

なんで失敗するの?

スポンサードリンク

スイーツの有無

え??ダイエット中に甘いものって食べていいの?そう思う方ってたくさんいると思います。
これが失敗の原因なんですね。
ここでやっと本命のチョコレート(!!)が登場というわけなんですよ。リバウンドするときというのは甘いものの誘惑に負けてしまうことがほとんどです。

しかしこれを逆手にとるのがチョコレートダイエット。

食事の最後にきちんとしたデザートを用意するだけでストレスが格段に違ってくるのではないでしょうか?勿論甘いデザートといってケーキを食べていてはぶくぶく太ってしまいます。
そこでチョコレートを食べる!(カカオの%の高いもの)チョコレートに含まれているカフェインやテオブロミンといった刺激性の物質は、自立神経のうちの交感神経に働きかけるのです。
すると副交感神経の働きが抑えられるためにおなかが落ち着いて満足感を得ることができ「もうちょっと」という気持ちにならないようになるのです。

また、おなかがすいてどうしようもないときに少しのチョコレートでストレスをなくすのも、いい方法ですね。

諸悪の根源ストレス

前項でも述べたように単品ダイエットや無理に食欲を抑えることは、ストレスがどんどんおおきくなっていって爆発してしまい、リバウンドや失敗につながっていきます。

しかも昔のようにのんびりと暮らしていた時代とは異なり現代社会はストレスの塊といっても過言ではないでしょう。しかも都会であればあるほど容姿に拘るひとが多くなることは否めません。
人からの視線を気にする事も実はストレスになっているのです。
自分が美しいと思えば美しい、のです。

ただ健康の面からも言って、太りすぎはよくありません。
メタボリック症候群という言葉を耳にしたこともあるはずです。
自分が一番美しいと思えて健康体である体重を見つけ出すのもまた、ダイエットの仕事といえるでしょうね。
どちらにしてもストレスは時に痩せすぎを作ってしまうこともありますしよくありません。
ここで出てくるのがチョコレートなのですがお楽しみの正しい使い方は事項でお伝えしましょう。

リバウンドの恐怖

栄養のバランスを無視し、単品を食べ続ける無理やりなダイエットをすること。
これは身体を壊すだけでなかなかだいえっとが成功しません。
食欲を自ら厳しくコントロールできる意志の強い人間はそうはいません。食べたいものを我慢しているうちに、やがて、爆発し、暴飲暴食に走ってしまって、リバウンドをする。果ては元の体重より多くなってしまったって方いらっしゃいませんか?こうなると元の体重にさえ戻ることが苦しくなってくるのです。
ちょっとだけ・・・と一口だけのつもりがもうとまらないという、恐ろしい状況を作ってしまうのです。
ですから、単品をしかも、ごく少量だけ食べ続けるなんてもし痩せたとしても美容の大敵ですし、内臓脂肪の増加が心配され健康の心配までも出てくるわけなんです。

edit

cms agent template0035/0036 ver1.001